ハイヤーは大切な方の送迎に利用されることが多いため、車内で快適に過ごせるよう設備が充実しているという特長があります。
ハイヤーで快適空間を楽しもう

ハイヤーで快適空間を楽しもう

ハイヤー送迎という言葉を聞くと、どんな場面を思い浮かべますか。多くの人はきっと高級な車や静かで広々とした車内をイメージするのではないでしょうか。ハイヤーはタクシーと異なり、事前予約制です。自分が利用したい日付や時間帯、目的地などを伝えて予約するシステムを採用しています。

予約制なので、事前に見積もりができる場合が多いです。利用したいハイヤー会社のインターネットサイトから見積もりを依頼し、乗車日、利用したい場所や乗車予定人数などの情報を入れると、見積もりを提示してくれます。

乗務員は経験を積んでいて、安全運転研修などを定期的に受講しているベテランが多い傾向にあります。特に海外からのゲストを迎えることが多いハイヤーは、乗務員が英語を扱えることも珍しくありません。接客は丁寧で、打ち合わせもしっかり行ってくれるので安心できます。料金は貸し切り時間で設定されていたり、距離で設定されていたりします。

ハイヤーを活用できるシーンとしては様々なものが考えられます。例えばビジネスシーンでの利用です。複数のゲストを案内して工場見学をする場合、視察で時間を有効に使いたい場合などにふさわしい乗り物です。海外からのお客さんを空港でピックアップし、ホテルへ送迎することもできます。貸し切りのサービスを利用すると、ビジネスの予定が終わるまで待っていてもらえるので、逐一交通手段を確保する必要がなく、すぐに次の予定に向かえます。車内は快適で、疲れを癒やしたり次の打ち合わせの準備をしたりするために、時間を有効利用できます。

冠婚葬祭で、大勢の人が一緒に移動したいときも便利です。結婚式などでは皆が一緒にお酒を飲むことができますし、会社によっては気の利いたサプライズサービスがあるので、当日の華やかな雰囲気を盛り上げてくれます。自家用車ではなかなか積みにくい、大きい荷物がある場合もハイヤーが便利です。例えば複数人でゴルフに行く時は、それぞれのゴルフバッグを積載できますし、ゆったりとくつろいで目的地まで行くことができます。帰りもプレーで疲れている身体を休め、自宅まで静かに休むことができて快適です。

最近は感染症拡大防止のため、外国から帰国した時にハイヤーを利用する人が増えています。直接公共機関に乗車できないことから、個別に空港から自宅まで送迎してもらう必要があるからです。最初にインターネットサイトからハイヤーの種類を選択し、帰国の便や送迎してもらいたい住所を入力します。密集を避けるためには、なるべく少人数で大きめの車種を利用した方がベターです。銀行への振り込みやクレジットカードの利用で支払いを行ったら、実際に利用する日に空港からピックアップしてもらいます。当日、若干の時間の調整が必要なこともありますが、連絡しておけば待機場所で待っていてくれるので、落ち着いて手続きを行えます。車内での感染対策は徹底されていて、安心して利用できます。

感染症が拡大している中、普段の出張にもいろいろな変化が表れています。今までは公共機関を利用して移動をしていたけれど、それが難しくなっているケースもあるでしょう。社用車を使って、出張先の会社を回る例も増えています。ハイヤーでは時間貸し切りのサービスが行われており、電車やバスのように待ち時間が発生することもなく、効率的に会社訪問ができます。不特定多数の人に接触しなくて済むので、安全に出張を行うことができる、というメリットもあります。

ハイヤーはタクシーより乗車時間が長くなることが多く、車内で快適に過ごせるよう設備が充実しているという特長も見られます。wifiを利用して必要なビジネス文書を作成したり、充電器を使ってパソコンを操作したりできます。移動時間を無駄にせず、仕事が行えます。

お知らせ

【2021年01月25日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る